Kahjin’s Weblog

[Science][SFAA]Chapter:9-32の和訳

Posted in 未分類 by kahjin on 3月 5, 2008

[9-32]

In drawing conclusions about all of something from samples of it, two major concerns must be taken into account. First, we must be alert to possible bias created by how the sample was selected. Common sources of bias in drawing samples include convenience (for example, interviewing only one’s friends or picking up only surface rocks), self-selection (for example, studying only people who volunteer or who return questionnaires), failure to include those who have dropped out along the way (for example, testing only students who stay in school or only patients who stick with a course of therapy), and deciding to use only the data that support our preconceptions.

何らかの標本からすべての事柄について結論を導こうとする時に、2つの重要な関心事が説明されなければならない。まず、第一に、標本の集め方によって生じる傾向の可能性に注意しなければならない。標本を集める時の傾向の生じやすさにはいつくかの共通点を含んでいる。それらは、

①簡便性 (友人だけにインタビューすることや地表面にある石だけを拾うこと)

②自己選択性 (ボランティアをしている人やアンケートに答えた人だけを研究の対象にすること)

③遇奇とか遇有性(たまたま学校にいた学生(その学校の学生がどうか不明)のみやセラピーのコースを熱心に聴いている杖を持った患者のみを対象にすること。というかこれらを標本に含めてしまうという誤り)

④故意性(自分の思いこみを支援するデータのみを使用すること)

などである。

追記:2008/ 03/05

なぜか意識して訳すと、単語が陳腐になるのも、私のせい?

広告
Tagged with: , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。