Kahjin’s Weblog

[Science][SFAA]Chapter:9-19の和訳

Posted in 未分類 by kahjin on 3月 25, 2008

[9-19]

Coordinate systems are essential to making accurate maps, but there are some subtleties. For example, the approximately spherical surface of the earth cannot be represented on a flat map without distortion. Over a few dozen miles, the problem is barely noticeable; but on the scale of hundreds or thousands of miles, distortion necessarily appears. A variety of approximate representations can be made, and each involves a somewhat different kind of distortion of shape, area, or distance. One common type of map exaggerates the apparent areas of regions close to the poles (for example, Greenland and Alaska), whereas other useful types misrepresent what the shortest distance between two places is, or even what is adjacent to what.

コーディネイトシステムは正確な地図を描くために必須である。しかし、そこにはいくつか曖昧な点がある。例えば、地球面の近似したものを平面で表現しようとすると、ディストーションなしでは表現できない。2、30kmぐらいなら、その違いは問題にならないが、それが数100km、数1000kmにも及ぶと、歪みが必ず現れる。多様な近似表現の中には、形、範囲や距離のディストーションが何種か含まれているものだ。典型的なものは地図で極に近い地域の大きさが誇張されているのは明らかである(グリーンランドやアラスカ)一方、表現としては誤りだが、2点間の最小の距離はどれくらいか、あるいは隣接するものは何と何かというときに役に立つ場合がある。

う〜む、訳がしっくりこない。この辺は専門家の校正が必要だと思う。

参考

広告
Tagged with: , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。