Kahjin’s Weblog

[Science][SFAA]Chapter:4-54の和訳

Posted in 未分類 by kahjin on 4月 9, 2008

[4-54]

The observed wavelength of a wave depends in part upon the relative motion of the source of the wave with respect to the observer. If the source is moving toward the observer (or vice versa), the wave is in effect compressed and perceived as shorter; if the source and observer are moving farther apart, the wave is in effect stretched out and perceived as longer. Both effects are evident in the apparent change in pitch of an automobile horn as it passes the observer. These apparent shifts in wavelength therefore provide information about relative motion. A particularly significant example of this shift is the change in the wavelength of light from stars and galaxies. Because the light emitted from most of them shifts toward longer wavelengths (that is, toward the red end of the spectrum), astronomers conclude that galaxies are all moving away from one another—and hence that we are in a generally expanding universe.

観察される波の波長はある意味、観察者に対して波の振源の相対運動に依存している。もし、振源が観察者に向かって運動するならば(逆も然り)、波が圧縮されて、感覚としては短いように感じられる。逆に、観察者と波の振源が互いに離れるように運動するならば、波が伸び拡がって、長く感じられる。これら両方の効果があることは、観察者(あなた)の横を救急車が通りすぎるときに、サイレンの音程が変化していることからも明らかである。このような波長の明らかな変化から相対運動についての情報が読み取れる。このような変化の特に重要な例として、星や銀河からの光の波長の変化が挙げられる。星や銀河から発せられた光はより長波長に向かってその波長を変化させているので(つまり、スペクトラムの赤い側に)、天文学者はこう結論付けている。-銀河は宇宙空間を次から次へと中心から離れるように運動している。つまり、”宇宙は膨張している”と言える。

私がいる地球に降り注ぐ光はemitされた時と比べると、もうすでに間延びしているものであるということですよね。ということはですよ、私以外の第三者の観察者の存在を認めざるをえないということですよね。うひょ~やべえ、つまり、観察者がいないことには宇宙は知覚・理解されないことにもなってしまうんですよね。これって、どこかのSFネタにあったと思うけど。

参考

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。